小金井アートフル・アクション!(小金井市芸術文化振興計画推進事業)

「まちはみんなのミュージアム」ステートメントー歩行ダンスに寄せて

  歩く、家の周辺を1時間くらいかけ、ただただ毎日歩く。コロナ禍における緊急事態宣言下のもと、私が日々行なっていたことが歩くことだった。私に限らずパフォーミングアーツ、特に濃厚接触がその技法の中心にあるダンスに携わる者は緊急事態宣言の間、その活動が感染症対策のため大きく規制された。接触するだけでなく対面で集うこともままならない状態でダンスに一体何ができるのか?コロナウィルスはそんな途方もない問いを私に投げかけてきた。

 最初は運動不足解消のため、そんな軽い気持ちで家の周りを散歩し始めたように思う。特に目的地も決めず、最後に戻ってくるのが家という以外はその日の気分で家の周辺を連日歩いた。春から初夏にかけて生い茂っていく木の葉の揺れや、草花の芽吹き、またそこに集ってくる虫たちの動きなど、日々刻々と変化する自然の様子や様々な動きがこの私の身体の中にどんどん飛び込んできてはこの身を揺り動かした。今日はどんなものがこの身に入ってきて震わせてくれるのだろう!いつしか私の歩行の目的はそれら外界との共振、交信に変わっていった。

 それらとの関わりが私の生活に組み込まれていったことで、日々の暮らしにはこんなにも豊かなダンス的な瞬間があったのだと、それをことさら言いたいとは思わない。むしろそんなことに心動かされることなく日々過ごしていたそれまでの自分の生活、その生き方から生成されていた私のダンスがそれで果たして良かったのだろうかと考えさせられた。ならば歩くことから私のダンスを、そして世界との関わりを結んでいくこの身体を今一度見つめ直してみたい、歩行を続けながらそう思った。

 ちょうどそんな時に、友人のダンサーであり散歩家である古川友紀さんから映像作品が送られてきた。その映像は夜を通して行われたあるオンライン企画に彼女が参加した際、約11時間歩いた行程を国土地理院の地図をクレヨンで辿るような映像をバックに彼女自身の語りと歩きながら録音された音などを重ね20分弱にまとめられたものだった。彼女の歩いたその記録を見て驚いたのだが、その工程は偶然にも私が10年ほど前に大阪で暮らしていた家の周辺を歩いていて、また一昨年亡くなった父が最後に過ごした病院の近くにも立ち寄っていた。実はその企画に私は東京の自宅からそして彼女は大阪の野外から共に参加していて画面上ではその時間を共有していたのだが、まさか同じ時間に彼女がそんなルートを歩いていたことにその映像を見るまで全く気づかなかった。そんな彼女の映像はある一日の歩いた記録ではあるのだが、私にとってはこの10年の時間を遡り、また亡くなった父の思い出に触れるような不思議なイメージを喚起させるものだった。

 歩くこと、また他者の歩行に想いを巡らしてみること。今回の「まちはみんなのミュージアム」で取り組んでいることはまさに昨年のコロナ禍において私の歩行の体験、そこから生まれた様々な想いをメンバーに投げかけることからスタートした。足に何かしら問題を抱えていない人にとっては当たり前のように行ってきた歩行から改めて歩く身体、時間を見つめ、そこにある創造性、フィクションに目を向けてみたい。そこから一体何が見出せるのかは、それこそダンスをするかのように歩行を味わいながら次のステップを考えても良いんじゃないだろうかと、このウィルスとの関わりがまだまだ続く今、殊更そう思う。

まちはみんなのミュージアム'20 フェスティバルディレクター 砂連尾 理

開催期間:2021年1月19日(火)〜24日(日)

参加費無料

フェスティバルの開催期間は終了いたしましたが、作品のアーカイブをご覧いただけます。
ウェブサイト公開終了まで、引き続きお楽しみください。
(本ウェブサイトは、2021年3月末で公開終了する予定です)

すべてのプログラムは、参加費無料でご参加・視聴いただけます。
ご参加・視聴方法について、詳しくは、各プログラムの詳細ページをご覧ください

プログラム
ウェブサイト上で公開する作品については、それぞれの公開日の昼12時に公開します。

まちとわたしの小さな対話
参加型プログラム(参加者募集):ベンチに座って得た気づきをまちへ返す

1月10日(日)〜1月24日(日)随時更新予定

企画者:田中有加莉
まちとはらださんの小さな対話withたなか風景画 
風景画 

1月19日(火)より公開 

企画者:田中有加莉
出演者:はらだまほ、田中有加莉

ことばを動きに変換する
映像

1月19日(火)より公開

企画者:田中有加莉
出演者:はらだまほ、田中有加莉 
空想さんぽ
音声を聴きながらまちを歩いていただきます

1月19日(火)より公開

企画者:有泉沙織
出演者:有泉沙織、ほか
小金井市歌
映像

1月19日(火)〜1月24日(日)公開

企画者:環 笑子
出演者:環 笑子
しん・街スケッチ
おと歩録、ことば歩録、からだ譜など

2021年1月19日(水)公開

企画者:はらだまほ
協力者:片山夏波、田中有加莉、たかすかまさゆき、利恵、はらだまほ、観客のみなさん
地図デザイン:有泉汐織
触りたい
映像

1月19日(火)より公開

企画者:田中有加莉

うちとそと
映像

1月20日(水)より公開

企画者:海川みずき

小金井市 各町エール

映像

1月21日(木)より公開 

企画者:佐久間尊之
出演者:佐久間尊之

手のヌードショー
映像

1月23日(土)、1月24日(日)公開(2日間限定公開)

企画者:田中有加莉
出演者:田中有加莉、片山夏波
Special thanks : はらだまほ
ことばのリレー
「公園のまんなかにはおおきな木があって…」―声を届ける、ことばをつむぐ―
映像

1月23日(土)より公開

企画者:たかすかまさゆき
出演者:「まちはみんなのミュージアム2020」参加メンバーおよび事務局
まちに佇む in 小金井
instalive

1月23日(土)14:00〜/16:30〜、1月24日(日)15:00〜に配信

企画者:たかすかまさゆき
出演者:たかすかまさゆき
どこかから小金井までの小金井の人たちとのひとり旅
Instalive

1月24日(日)13:00頃〜17:00頃(随時)

企画者:都田かほ
企画者:都田かほ、まちはみんなのミュージアム メンバーのみなさま
映像

1月24日(日)公開

企画者:片山夏波

出演者::杉浦さとみ、有泉汐織、はらだまほ、片山夏波
インチキ歩姿診断
映像

1月24日(日)以降公開

企画者:鈴木てつや、利恵 
出演者:鈴木てつや、利恵 
この場所で、生きる
映像

1月24日(日)公開

企画者:杉浦さとみ
出演者:杉浦さとみ ほか
エール
映像+instalive

1月23日(土)11:00〜、16:00〜 instalive配信
1月24日(日) 9:45〜 instalive配信 
1月24日(日) 17:00映像公開、17:10頃instalive配信

企画者:佐久間尊之
出演者:佐久間尊之

はーるちゃん、おっどりましょ!
映像

2月3日(水)公開

出演者:柳井遥、都田かほ
小金井市歌
映像

1月19日(火)〜1月24日(日)公開

企画者:環 笑子
出演者:環 笑子
*各プロジェクトの内容等は、変更になる場合があります。予めご了承ください。

メンバー

有泉汐織、海川みずき、片山夏波、佐久間尊之、杉浦さとみ、たかすかまさゆき、田中有加莉、環笑子、利恵、都田かほ、はらだまほ、柳井遥、柳井美紀、鈴木てつや

ディレクター

砂連尾 理(じゃれお おさむ)

91年、寺田みさことダンスユニットを結成。近年はソロ活動を中心に、ドイツの障がい者劇団ティクバとの「Thikwa+Junkan Project」、舞鶴の高齢者との「とつとつダンス」等。08年度文化庁在外研修員としてベルリンに滞在。著書に「老人ホームで生まれた<とつとつダンス>—ダンスのような、介護のようなー」(晶文社)。立教大学・映像身体学科 特任教授。

https://www.jareo-osamu.com/

スケジュール

2021年1月10日(日) 参加型プログラム「まちとわたしの小さな対話」参加マニュアル公開、投稿募集開始
2021年1月19日(火) 音声を聴きながらまちを歩いていただきます「空想さんぽ」公開
2021年1月19日(火) 映像「小金井市歌」公開
2021年1月19日(火) 映像「ことばを動きに変換する」公開
2021年1月19日(火) 風景画 「まちとはらださんの小さな対話withたなか」公開
2021年1月19日(火) 映像「触りたい」公開
2021年1月19日(火) おと歩録、ことば歩録、からだ譜など「しん・街スケッチ」公開
2021年1月20日(水) 映像「うちとそと」公開
2021年1月23日(土) 映像「ことばのリレー:公園のまんなかにはおおきな木があって」公開
2021年1月23日(土)、1月24日(日) 映像「手のヌードショー」公開(2日間限定公開)
2021年1月23日(土)14:00〜/16:30〜、1月24日(日)15:00〜 Instalive「まちに佇む in 小金井」配信
2021年1月23日(土)11:00〜、16:00〜 
2021年1月24日(日) 9:45〜 

instalive配信「エール」配信

2021年1月24日(日)13:00頃〜17:00頃 随時配信 Instalive「どこかから小金井までのクエストたちとの旅」
2021年1月24日(日) 映像「パフォーマンス:巡」公開
2021年1月24日(日) 映像「インチキ歩姿診断」公開
2021年1月24日(日) 映像「朗読ライブ:この場所で、生きる」公開
2021年1月24日(日)17時 映像+instalive「エール」公開
2021年1月23日(土)、1月24日(日) 映像「手のヌードショー」公開(2日間限定公開)

これまでの活動

2020年8月15日 WS1回目
今回のテーマは「シコを踏む」
連続WSの1回目。zoomで集まり、まずは参加者の自己紹介から始める。そして、”シコ”を踏んだ。参加者みんな、それぞれの場所で、それぞれの時間を刻みながら、踏む。
たまに起こるズレが、それぞれで過ごしつつ、共にWSをしていることを感じさせる。
2020年8月30日 WS2回目
今回のテーマは「手で触れてみる」
お互いの体温を感じられないzoom上で「触れてみる」ことについて考えた。2人1組になり、相手の部屋にあるものに触ってもらい、その感触を言葉で伝えてもらうことで、触れることができなくても、その感触を感じてみる、という事をした。
2020年9月11日 WS3回目
今回のテーマは「足」
歩いているところを見る、見せる、見合う。
どう感じたか、言葉にしてみる。
歩くという行為に自覚的になっていく。

2020年9月26日 WS4回目
ゲスト:古川友紀さん(ダンサー・散歩家)

今回のテーマは「まち歩き」。
参加者はそれぞれ、離れた場所で、zoomを繋ぎながら、まちを歩く。景色を見せる。声で中継する。次第に、それぞれの道が、交錯していくような感覚が生まれる。
2020年10月11日 WS5回目
ゲスト:大崎清夏さん(詩人)

今回のテーマは「言葉の地図をつくる」
9/26のWSで歩いた道を、
言葉で辿り直すことを試みた。
2020年10月23日 WS6回目
今回のテーマは「振り返る」
言葉の地図を読み合う。
他の参加者の朗読を聞いて、何を感じたか。言葉にする。最後に、これまでのWSを振り返り、ここからどう展開していくのかを話し合った。
2020年11月8日 WS7回目
今回のテーマは「制作してみる」
参加者の一人・はるちゃんのことばを動いてみよう!ということで、参加者数名ずつグループになり、柳井はるかさんのテキストから制作してみることを試みた。ダンス、絵、朗読など、さまざまな表現が立ち上がった。


2020年11月20日 WS8回目

今回のテーマは「やりたいことを発表する」
成果発表に向けてやりたいことを、一人一人発表した。
地図で踊る、テキスタイルを作る、表現のリレーをする、展示・・・これまでのWSを経て、今、ここでやりたいこと。ここから、各自、作品制作を始めていく。

2020年12月18日 WS9回目
今回のテーマは「そもそもを考える」
今年の様々な経験を通して、そしてこの連続WSを通して「皆さんは、どう変化してきたか。その過程で何を発見して、それがどう未来に繋がっていくか。が、皆さんの、今やろうとしていることとどう繋がるのか。」
砂連尾さんからの問いかけを受け、今、やろうとしていることを見つめ直す時間となる。
2020年12月26日 WS10回目
今回のテーマは「詰める」。
各プログラムの進捗状況を共有。いくつかのプログラムを、メンバー向けにトライアル実施したのち、成果発表に向けた各自の課題を確認した。
2021年1月9日 WS11回目
今回のテーマは「見据える」。
各プログラム制作が進むなか、それぞれの課題も見えてきた。課題をどう捉え、どう取り組むのか。難しいからやめるのではなく、その難しさも表現に変えていくことを試みる。成果発表フェスティバルは、10日後だ。
2020年1月19日〜24日 フェスティバル(成果発表)
連続WSを通して試みてきたこと、考えてきたことから生まれた数々のプログラムを、オンラインで実施・発表いたします。

2020年10月11日 WS5回目
ゲスト:大崎清夏さん(詩人)

今回のテーマは「言葉の地図をつくる」
9/26のWSで歩いた道を、
言葉で辿り直すことを試みた。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、内容を変更したり、中止したりする場合があります。最新情報は本ウェブサイトにてお伝えいたしますので、ご確認くださいませ。
主催:東京都/小金井市/公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京/NPO 法人アートフル・アクション

小金井アートフル・アクション!(小金井市芸術文化振興計画推進事業)
本事業は、2009年4月に「誰もが芸術文化を楽しめるまち~芸術文化の振興で人とまちを豊かに」という理念を目指して始まった「小金井市芸術文化振興計画推進事業(小金井アートフル・アクション!)」として推進されています。「小金井アートフル・アクション!」は、2011年度から、東京都、小金井市、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京、NPO法人アートフル・アクションの4者共催により「東京アートポイント計画」の一環として実施されています。